読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Microcosmos  

-ありのままに あるがまま それが私の 小宇宙-    ~自分を大切にし、本来の自分に戻る旅を綴ります~ 

自分の心に折り合いをつける

次に私の中に生まれたのが「自分の心に折り合いをつける」ということ。 いつだって「迷い」ってあると思うんです。何を選べば正解なのか?なんて思考回路だとさらに悩みまくりだと思うんです。今までの私は、こればっかりの思考回路でした。なんて答えれば、…

「ちゃんと」に合わせることをやめたとき

「余分で無駄」をお仕事でのメールだけでなく私のライフスタイルにも反映させてみました。これがまた、すっごい無秩序なことになりました(笑) まず、秩序とはちつじょ【秩序】物事の正しい順序・筋道。「―立てて話す」。社会などが整った状態にあるための…

余分で無駄な思考をそぎ落とす

1)で望みを明確にする。っていうのもできる限りシンプルに考えることがコツですね。 思考グセをぶち壊し考え方をシンプルにするってことを意識しただけで現実がガラッと変わりました。全ての主語を「私」にして考える。難しいことはわからないし、できない…

今の自分の感覚を信じること

このお正月休みに、大きな決意をしました。宇宙の法則をとことん活用する。もう現実世界に振り回されたくない。自分自身の軸でしっかり生きたい。本当の自分で生きるとどうなるか知りたい。って、強く思いました。そして、2016年のスタートと共に、私の世界…

宇宙はいろんな方法でメッセージを送ってくれる

慣れ親しんだ自分の思考グセを変えるって大変なんだけどこれがまた、この先、私をいい意味で苦しめるのでした。笑「慣れ親しんだ思考グセ」言葉のとおり慣れ親しんだ癖なので、そう簡単には変わりません! 思考を常に意識することが肝なのに意識するってこと…

ワクワクに従うとトントン拍子

忘れもしない12月10日。 同居人と大ゲンカをした日=東京行きを決めた日です。 そこからは、 みごとに、全てがトントン拍子に進みました。12月14日に家を出た同居人は なんと、家電を全部置いていってくれました。 「こんなしょーもない自分と7年も一緒に居…

「本当の自分と向き合う」とは どういう行動を指すのか

そして同時に、本当の自分と向き合う時間をいっぱいとっていくうちに私は「ただの同居人」との同居解消を決意しました。これが、またまた私の人生の大転機になります。まず、「本当の自分と向き合う」とはどういう行動を指すのかがわからない!ほんっとにわ…

こころを開いた結果、自分を知ることができた

当時の私は、やっとのことで3つに絞り込めたのです。①事務の仕事をするためにここにきている②(肩を壊したにも関わらず、懲りずに)飲食の仕事で商品企画がしたい(と思い込んでいる)③(本当は子供の頃から大好きな)洋裁・手芸の世界で商品企画の仕事がし…

ドン底期からココロが開いていくまで

事務員になりたい私を演じないといけないの。笑というかね、事務員さんに憧れもあったのかもね。座ってPCに向かってカチャカチャ・・・カッコええやん。きっと実際は大変なんやろうけど、ずっと飲食で動き続けてスピードを求められてきた私にとってはずっと…

自分自身を生きるとは。私の場合。ドン底期

もっと自分自身を生きたい!その先に何があるのか知りたい!まるで冒険のような宝探しのような・・・ -9/28のmemoより-自分自身を生きるとは。私の場合。 私が最初に心の異変に気づいたのはカフェの仕事で頑張って病気になりつつもヘトヘトになってるときで…