Microcosmos  

-ありのままに あるがまま それが私の 小宇宙-    ~自分を大切にし、本来の自分に戻る旅を綴ります~ 

「本当の自分と向き合う」とは どういう行動を指すのか

そして同時に、
本当の自分と向き合う時間をいっぱいとっていくうちに
私は「ただの同居人」との同居解消を決意しました。

これが、またまた私の人生の大転機になります。


まず、「本当の自分と向き合う」とは
どういう行動を指すのかがわからない!

ほんっとにわからなくて???だったけど
自分で自分にとことん質問をして
気持ちを掘り下げていくだけ
でした。


コツは、主語を自分にすることです。
自分以外の誰かにならないことです。

私は、どう思っているのか。
私は、どうしたいのか。
を知ることです。

この人との関係にモヤモヤする。
なんで?
私は、もう彼を好きじゃない
なんで?
私はそもそも彼のこと好きじゃない
なんでいっしょにおるん?
私は、一人になるのが怖かったから

「そんな理由で一緒におるなんて笑
相手にも失礼やぁん笑
はよ、開放したれ笑」

こんな本音がぽろぽろと
溢れるように出てきました。


好きやと思って一緒にいたけど
実は、離婚したばっかりの私は
一人になるのが怖かったんだって。
それがわかると、相手に対しては
感謝しかないよね。
一人になるのが怖かった私と一緒にいてくれてありがとうございました。って。

本音がそんな理由だから
少しづつ噛み合わなくなってくる。

同居人との関係は、気づけば7年もいっしょに居るけど
最後の1年は話すこともなく、
同じ家でそれぞれ暮らす。そんな感じ。
でもなんか、金銭的にも私の負担が大きくて(安月給なのに)
掃除、洗濯、洗い物も私。

なんか疲れちゃった。

でも、安月給だからと同居を解消できないままでズルズルと。。。。。。

お金を貯めて、貯まったら、別れよう。
と思ってたけど、すでに心のお勉強をしてた私は
こ、これは、「逆の発想や!」


お金は貯まってないけど、先に追い出しちゃえ(′∀`)



こんなささやきがきこえたのです。(いや、まじで)
コエーーー(((( ;゚д゚)))

実は、同居人には住む家が別にあるのです、
だから、そこに帰れと、そう言っただけで
彼は路頭に迷うことはないの。

どっちかというと、
二人暮らし用に借りた家の家賃を払い続ける私のほうが
もう苦しさ倍増って感じなのに。


というわけで、
勇気がでなくて、モジモジして言えない日を
過ごしていたけど
「勇気はある!ってことにしよう!」と思い、
彼の惨めな姿を見たくはなかったけど
出て行ってくださいと、言いました。
(そのあと、ダッシュで家を飛び出したのは私)


期限を設けていたのに
彼は出て行く気配もなく笑

結局、わたしが彼の荷物を廊下に出して
大喧嘩になり
家電は全部没収すると言われ
お互い好きじゃなかったことが判明し笑
最後は、傷つけ合って終わりました。



私は、家電も全部取られて
(彼の家には必要ないから、買取ります!って言ってるのに
それすら受け入れてもらえず、俺がリサイクルショップに売る。といわれた)

冷蔵庫も洗濯機も(TVは、べつになくてもいいけど)
没収されて、どーやって生きていこうか。
引越しもせないかんのに、お金ないなーーーーー。
うーーーーん。。。。。。。。

って、所で
友達にLINEで別れた報告をしました。
そしたら、すぐ電話がかかってきて
その話の流れで
「こっちおいでや」
「うちに住んだらええ」
「こっちの方が、ebikoがしたい仕事いっぱいあるよ」
って、言ってもらって
私も、「わかった、行くわ」「私、東京行くわ」って
あっさりと、東京行きを決めたのでした。
だって、すっごいワクワクしたから(・∀・)

忘れもしない12月10日。
同居人と大ゲンカをした日=東京行きを決めた日です。

そこからは、
みごとに、全てがトントン拍子に進みました。



続きはまた今度。



ebiko