読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Microcosmos  

-ありのままに あるがまま それが私の 小宇宙-    ~自分を大切にし、本来の自分に戻る旅を綴ります~ 

何かを決めるときは②

今日の気づき

1月8日。

 

決断を体に聞いてみる

今度、あなたが決断をする必要があるときは、

知性で理解しようとせず、

あなたの体の感覚で心地良いか悪いかに注意を向けてみましょう。

そして、直感的な感覚に従っていくのです。

 

知性で理解することも良いのですが、

あなたが正しい決断をしているかどうかの究極のテストにはならないことがほとんどです。

 

選択をする前に、体に聞いてみましょう。「これについてどう感じる?」

 

もしあなたの体が心地良さと熱意のシグナルを送ってきたら、それを進めましょう。もしあなたの体が、身体的あるいは感情的に苦しいようなシグナルをおくってきら、気をつけて。

 

あなたがなにかをするときに、あなたの体が心地良く感じるのであればそれは正しい判断です。もし不快に感じるようであれば、それはやるべきことではないのです。

 

あなたが宇宙のリズムの調和から離れてしまっているとき、

あなたが受ける感覚は、身体的であれ、心理的であれ、感情的であれ、不快な感覚です。

 

あなたが宇宙と調和して流れに乗っているとき、あなたが感じるのは心地よさ、気楽さ、そして喜びです。

 

 

 

@チョプラ博士の本より抜粋

 

 

私の世界の主役は私です。

そういう世界が人の数だけあります。

みんながみんな、自分の世界で主役ってことです。

 

だから、自分を幸せにできるのも自分しかいません。

親が、彼氏が、彼女が、旦那が、嫁が、上司が、部下が、友達が・・・・

その人たちが永遠に主役である自分を幸せにはし続けてはくれません。

 

逆をいえば、他人を幸せにする必要もなければ

幸せにしてあげられることもできないのです。

 

まず、そこを認識することが大事です。

 

そして、じゃあ、自分で自分を幸せにするってなぁに?

ってことなんですが

自分の体に標準装備されている感覚・感情を信じて

心地よさ・気楽さ・喜びの道を進むことじゃないでしょうか。

 

いいですね、この気楽さ♪っていうのが。

 

どうしても、躍起になって

心地いい方向に変えなきゃ、変わらなきゃ、

ってなると思うんです。

これが罠だと思うんですが。

 

川の流れは緩やかです。

そんな急カーブのような川は見たことないです。

急には変わりません。

 

あと、じつはすでに心地よさの中にいるのにも関わらず

まだ心地よくないって思い込んでいて

心地よさをさがすという無限ループ。

 

ちなみにわたしは、気が付けば両方ともの状態になってることが多いです。汗

 

だからこそ、いつも

一度立ち止まって

ゆっくりゆっくり

何度も深呼吸を繰り返して

今、どう感じている?と自分に聞きます。

 

ゆっくりと、を感じていると心地いいです。

時間もゆっくり流れます。

 

でもなぜか、欲張ってたくさんの事をしたくて

急いでしまうと

心がに居ないので

心底楽しんでいないし

時間が過ぎ去るのも早く、充実感もありません。

 

今を大事に

ひとつひとつ丁寧に

自分の感覚を信じてください。

 

感覚・感情をフルに使って

心地よさ・気楽さ・喜びを指針に進んでみませんか?

 

まずは、快か不快かをしるだけでも一歩前進です。

 

今日もありがと。

 

 

ebiko