Microcosmos  

-ありのままに あるがまま それが私の 小宇宙-    ~自分を大切にし、本来の自分に戻る旅を綴ります~ 

生活習慣の改善~早起き編~

生活習慣の改善とは。

 

シンプルに私の理想の生活をするためには

手段として「早起き」と湧き上がってきたので

行動に移します。

 

しかし、ここで

ぐーたら生活が30年以上も身についている私は

何度も挫折していますから

何をどうしていいかさっぱり分からず。

 

そして、なんとなく目にとまった

一冊の本をkindleで買いました。

 

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

 

 

人生の主導権を取り戻す「早起き」の技術

 

なんと、この本を素直に読んで

素直に実践したら

3週間でみごとに早起きができるように習慣化されました。

 

早起きは根性じゃなかったのですね。笑

 

今、3週間が過ぎたところですが

「あ、技術なんだ!ポンッ」って、腑に落ちました。

 

だって、週末に予定がなければお昼まで寝ていたこの私が

アラームより先に目が覚め、

6時前に起き、朝から熱いシャワーを浴びる

なんていう

夢のような過ごし方ができたのです。

 

で、この本が私の求めていたことを

ドンピシャに書いてくれてまして

 

1ページ目から

 

なぜ30分の早起きで人生の主導権が握れるのか?

 

多くの人が会社の時間に起こされている

 

実は、ここが大きな悪循環のスタートラインであることに

多くの人は気づきません。その時間に起きている理由が

「会社に間に合わないから」というのは、受身の状態なのです。

受身とは、「何かにさせられている」「何かをしなければいけないからやる」という受動的なパターンで動いていることを意味しています。

 

 

ほほーーー。衝撃すぎてショックを受けました。

確かに、こう言われれば受身だわー。

他の選択肢は結構自分の意思で「したいからする」に変換してきたけど

やぱり、朝起きるのが苦手な私は、受身だからできてなかったのね。。。。。ガーン

 

そして、

これが、たった30分でも自分の意思で早く起きているなら、

それは能動的なパターンでスタートしている状態です。

 

 

ほほーーー。

でも、この30分が早く起きられないんだよーーー。泣

 

と、冒頭から私の心をグッと掴んだこの本は

 

早起きは手段、目的は理想の生活習慣

 

私も、早起きをしたいとは思っていましたが

それは手段であって目的ではないということ。

 

「もっと充実した生活を送りたい」「効率的な生活を送りたい」

「人生を豊かに生きたい」など、理想の生活習慣を手に入れることが、

究極の目的だと思います。

 

 

 

ま、まさにーーー。

究極の目的!なんと良い響きなんでしょうか。究極!

 

そして、夜型悪循環の生活習慣だと

一日中、会社の都合や、やるべき仕事に振り回される受信的な生活で

充実感がなく、どんどんセルフイメージが下がってしまいます。

 

一方、朝方好循環は、自分で一日をコントロールし、

生活の主導権を握っている生活で

・朝から精神的に余裕がある

・満員電車に乗らず、座って本が読める

・効率的に、計画的に仕事を進められる

・朝一番から最重要の仕事に手をつけられる

・残業時間が削減でき、自分の時間をつくれる

・自己成長のために時間を捻出できる

・セルフイメージが上がる

・日々幸福感・充実感を味わえる

 

 

 

ということです。

 

 「はじめに」を読んだ時点で

私の意識は、もう絶対早起き習慣にシフトする!と

意識を書き換えました。

要するに、決意です。

 

私の中で現状を維持して楽をしようとする潜在意識を

大きくて固い顕在意識の決意で実践を繰り返しました。

 

まずは3週間、

就寝時間を死守!(22時←はやっ)

そのためには、ほぼ定時で帰り

夕食の時間、入浴の時間、その後のブルーライトを見ない

照明は暗く、本を読まず、リラックスタイムにするなどなど

 

できる限り、自分の体の声を聞きながら

本に書いてあることと調整を重ね

記録を毎日とりました。

 

そして、ようやく

3週間、22時に就寝するを貫き通し

朝、ストレスなくスパッと目が覚めるようになりました。

 

 

早起きの技術とは

朝、頑張って根性で起き上がることではなかったということ。

自分にとって必要な睡眠時間を知り、

就寝時刻を守ることで

自然に習慣化されるということを

身を持って知りました。

 

偉大な成功者はみな揃って4時に起きていたと

早起きをしていたとよく耳にします。

 

よし!私も挑戦するぞーと意気込んでも

何度も失敗してきたのは

寝る時間が変わってなかったから

寝不足が溜まり結局、朝起きられないループに戻っていたのですね。

 

ホリエモンさんの本を読んでも、

睡眠だけは結構きっちりたっぷり取ってきたようです。

 

やっぱり、睡眠時間って、ちょーーーーー大事!うん

 

おかげさまで、朝から頭がすっきりしていて

自分のペースで行動でき

電車も座って、余裕をもって出勤でき

ダラダラ残業をしないと決めているため

就業時間中は集中して仕事ができるようになり

定時でスパッと帰り、

自由時間は洋裁のことを考えたり好きなことをして

21時以降はリラックスタイムでゆっくりし

22時に就寝です。

 

もう少し、慣れてくれば

睡眠時間9時間を8時間にしたいなと

思ってます。

 

4週目からは

起きる時間にもフォーカスしていきます。

 

ただ、注意は

早起きは手段であって目的ではないってことがミソ。

 

早く起きて満足して、なにもしないと

意味がないです。

自ら捻出した朝の時間に

何をしたいか。

ここ重要ですね。

 

朝の静寂な宝物時間を

自分と向き合いながら

ゆっくりゆっくり私の道、私の世界を創っていきたい。

 

面白いことに

先日、会社の全体会議で「働き方改革」っていうのがあって

電〇通さんの一件もあり

働きすぎないように改革を行うそうです。

要するに、残業すんなってこと。

 

定時で帰るにはちょっと気が引ける部分もあったから

これはホントにいいタイミングで会社がバックアップしてくれたなーと

宇宙さんにありがとーって感謝です。

 

長くなったけど

私の生活習慣の改善とは

早起きして、人生の主導権を取り戻したい!でした。

 

 

今日もありがとー。

 

 

ebiko